TOPICS

小さなお子様の風邪予防におすすめ”ユーカリウォーター”

東京は54年ぶりの11月の雪。。
ということで、これからの季節、風邪や感染症がの予防は必須になってきますね。
風邪のウイルスや様々な感染症の予防におすすめの精油は、

なんといっても王道の
“ユーカリグロブルス”。



インフルエンザを始め、冬の風邪には、こちら、日常のあらゆるシーンに使って
予防していただくと、驚くような植物の力を実感いただけると思います!
とはいうものの、こちらのユーカリグロウブルス、
小さなお子様には香りも少し強く、お肌にも少し刺激が強いかな・・
というのが気になるところ。。(大人は問題ありません。)
ですが、このユーカリの効果は利用しないのはもったない。。
そんな時にお勧めがユーカリグロウブルスから抽出された
ハイドロゾル ”ユーカリウォーター”
お勧めの使い方は、
①そままスプレー容器に入れて持ち歩き、携帯ハンドサニタイザーとして使用していただく。

(1歳~3歳までの乳幼児にご使用の場合は精製水:ユーカリウォータ=9:1でご使用ください)
②この季節、毎日のお風呂に大さじ1~2杯のユーカリウォーターを入れてアロマバスをする。
とても簡単な使いなのです、ユーカリの精油と同じくらいの結果を安全に体感することができます。

保育園などで、たくさんのウィルスを交換し合う子供達。。
ママとしてはどうにか、感染予防を考えたいところ。。
ぜひ、おすすのユーカリウォターで、ナチュラルな風邪予防をお試しください。
詳細はこちら↓

ユーカリウォーター

  

カテゴリー : 

2016年7月・8月のハイドロセラピー本科コースの開講日を更新しました。

マタニティーケア・ベビーケア・ペットケア・アレルギーの方へは
アロマテラピーには芳香蒸留水を利用した『ハイドロセラピー』がおすすめ!!



フランス式アロマテラピーでは、次世代のアロマテラピーとして注目をされるハイドロセラピー。

フランスでは植物のもつエッセンシャルオイルを蒸留水に限界まで溶解させたハイドロゾル(高濃度の芳香蒸留水)は、

刺激性が低く、より安全性が高いことから、とくに、

肌の敏感な方

乳幼児や子供、

ペット

などのアロマテラピーに利用されています。飲用からスキンケア、お料理まで幅広く活用できるハイドロセラピーは、

日常生活の中で五感を刺激し、楽しみながら効果的に体質改善ができる家庭内療法です。
MYTHOSサロン・ハイドロセラピー本科7月・8月開講日

<ハイドロセラピーアドバイザーコース>

2016年7月16日(土曜日)10:30~15:30
2016年8月10日(水曜日)10:30~15:30

お申し込みはこちらへ ↓
7月16日開講 »
8月10日開講 »

<ハイドロセラピスト養成コース>

2016年 8月17日(水) 開講 基本所要日数3日

2016年8月17日(水)開講 ①② 10:30〜15:30
2016年8月24日(水)2日目③④ 10:30〜15:30
2016年9月7日(水)3日目⑤⑥ 10:30〜15:30

お申し込みはこちら↓
8月17日開講 »

夏の日焼け止め~ラベンダジェル~


日差しの強い毎日。。紫外対策は万全ですか??
今月は、さっぱりとしたテクスチャーの、ジェルタイプの日焼け止めジェルクリームをご紹介します‼️

紫外線のケアにもっともお勧めの精油は、なんといって [ラベンダー]

ラベンダーには強い消炎作用があるので、紫外線からお肌を守るだけなく、

日焼け後の炎症を鎮め、ダメージを受けた肌を回復させる効果があります。

まさに、日焼け目前も日焼け後も大活躍するラベンダーは、夏の必需品です

さらに、ラベンダーは、小さなお子様から大人まで安心して使用できる万能オイルなので、

お子様の日焼け止めにも最適です。

作り方はとっても簡単!

~日焼け止めラベンダージェルの作り方~

<用意するもの>

クリームケース (30ml)

ハイドロジェル  20g

ラベンダーウォーター(ハイドロゾル) 5ml

ラベンダーエッセンシャルオイル 10滴(お子様用は5滴)

<作り方>

①クリームケースにハイドロジェルを20g入れます。

②①に、ラベンダーウォーター(ハイドロゾル)を5ml加え、竹串でよく混ぜ合わせます。

③②に、ラベンダーエッセンシャルオイルを10滴(お子様用は5滴)を加えさらに混ぜ合わせます。(出来上がり!)

<使い方>

使い方①外出前に、紫外線から守り対部位(顔・首・腕など全身に使用できます。)にラベンダージェルを塗ります。

使い方②夜のスキンケア・ボディケアとして、紫外線でダメージを受けた肌にラベンダージェルを

塗ります。
※スキンケア用には、ラベンダーの他に、カモミール、パチュリ、ゼラニウム、フランキンセンスなど、お肌のダメージ回復に役立つ精油をブレンドしてもさらに効果的なジェルクリームが出来上がります。お手持ちの精油をブレンドしてお肌状態に合わせたのスキンケアクリームを作成してみてください。

アロマテラピーやハーブのハイドロゾルの基本的な知識をつけると、生活の様々なシーンで

活用でき、自分自身はもちろん、家族の健康維持にもとても役立ちます。

MYTHOS SALON南青山・MYTHOSの認定教室(品川・横浜・渋谷)にて、

MYTHOSフランス式アロマテラピーアドバイザーコースハイドロセラピーアドバイザーコースを開催しております。

開講日程などの受講のお問い合わせは、info@mythos-salon.comまでお問い合わせください。

ミトスサロン開講日

カテゴリー : 

★MYTHOSアフタヌーンティー&コスメレッスン★

ハーブやフラワーを使ったスィーツとお茶を楽しみながら
夏用のスペシャルアロマコスメを作るアフタヌーンティーレッスン。

暑さと日差しが強くなる夏のコスメは、紫外線対策などの効果効能はもちろん、
さっぱりとした爽快感のあるテクスチャーやデオドラント&アロマ効果も大切です。

また、旅行や外出など何かと忙しいこの時期は

『簡単・便利・効果的なスキンケア』も重要なポイントです。

ほ身体とお肌にやさしいお茶とスイーツを頂きながら、

MYTHOSの精油・基剤を利用して、夏用のスペシャルコスメ3点を作ります。
~夏用アロマコスメ3点~

★日焼け止めクールジェルお

★紫外線ケア用オールインワンエイジングクリーム

★ケルプ&カオリンのスペシャル保湿パック
~アフタヌーンティーメニュー~
Sweets: ハーブスコーン・マフィン・フィンガーサンドイッチ等・・

Drink: フレッシュハーブティー・ブラックティー・オーガニックコーヒー等

日時:6月6日 (月曜日) 13:30~ 15:30

6月12日 (日曜日)13;30 ~ 15:30
参加費:¥12.000 (教材費込み)

 セミナーお申し込みはこちら

旅の必需品

img_0097-1.jpg

ジェットラグにアロマを活用!
快適な楽しい旅に欠かせないエッセンシャルオイル。

特に海外旅行には香りの携帯は必須です。
とくにジェットラグ(時差ボケ)に悩まされるという方で

まだアロマテラピーを使用したこがない方はぜひ、一度お試しいただきたいと思います。
エッセンシャルオイルの香りはダイレクトに自律神経のバランスを整えていくことで

ジェットラグによる身体の不調の改善にとっても有効です。
そこで、今回は、とくにジェットラグ(時差ボケ)に有効な香りの利用法のポイントを

ご紹介します。
ポイント① エッセンシャルオイルの選び方
現地の到着時間に会わせて使用する精油を選びましょう。
現地に夕方(5時以降)に到着した場合は、副交感神経を優位をさせる鎮静効果の高い精油を

使用します。

例えば、定番のラベンダー

鎮静効果の非常に高いマジョラム

長時間のフライトで疲労がたまっている方はネロリなどがおすすめです。
現地に朝~昼に到着した場合は、交感神経を優位にさせる刺激作用の高い精油を使用します。
例えば、定番のローズマリーレモン

清涼感のあるペパーミントスペアミント

フライトの疲れで、免疫力が下がっていると感じる場合は、

これらの精油とユーカリグロウブルスなどブレンドするとさらにおすすめです。
ポイント②具体的な利用法
一番簡単な方法は、、、

ハンカチやティッシュに1~2滴、選んだ精油を垂らして吸入することです
少しゆとりがあれば、、、

夜寝る前などは、ゆっくりアロマバスに入ったり、

かるくマッサージすることをお勧めします。
☆アロマバス・・・バスタブにぬるめお湯をはり、エッセンシャルオイルを6~8滴垂らしてゆっくり湯船にはいりましょう。
☆アロママッサージ・・大さじ1杯(15ml)の植物油(マカダミアナッツやスイートアーモンド等)に精油5~6滴ブレンドして、

脚や首・肩等、疲れがたまっていると感じる箇所にオイルを優しく塗布します。
フライト疲れで、すぐに眠りたい!!と

つい、バスタイムも面倒になりがちですが、
到着してすぐに、これらのアロマテラピーをするとしないとでは、

次の日からの体調が全く違います!!
もちろん、海外旅行だけなく、国内旅行でも、環境の変化により自律神経がバランスを乱すと

せっかくの楽しい旅行も十分に楽しめませんので、ぜひ香りを味方につけて

いつも楽しくパワフルな旅を楽しんでいただきたいと思います!!