TOPICS

「香油スタイル」の美容液

最近、無性に欲している香り
 
イランイラン
 
について、
 
本日は、この濃厚な香りのおすすめの使い方をご紹介します。
 
 
 
 
 
このイランイランの精油は、
 
とっても香りが甘くて濃厚なのが特徴です。
 
 
 
そして、この香りは、
 
面白いくらい好き嫌いが半々にわかれます。
 
 
 
 
厳密にいうと、好き嫌いが半々というか、
 
この香りを求める時期と
求めない時期がはっきりしていると言ったほうがいいかもしれません。。
 
 
 
 
 
 
この香りを必要としている時は、
 
香りを嗅ぐと、
 
なんともいえない
 
幸福感と官能的な気分
 
に満たされ、
幸福感から疲れもスピーディーに癒える、、
 
というスペシャルな効果を感じますし、
 
 
 
 
逆に、
この香りを必要としていない時は
なんとも鼻に付く香りで、
 
頭痛がする人がいるくらいです。
 
 
 
 
 
 
 
そんなちょっと極端な精油でもありますので、
 
もし、
 
イランイランの香りを嗅いで、ポジティブな印象を持てたら
ぜひ、インランイラ活用のタイミング!だと思って、
しばらく色々なものに活用してみてください!

 
 
 
 
ということで、
 
イランイランのをさまざまなシーンに
 
活用するためのおすすめの使い方を
 
ご紹介します。
_________________________________
☆香油スタイルの美容液☆

<レシピ>

ホホバオイル 4ml
イランイラン 12滴
ローズウッド  4滴
クラリセージ  4滴

 
 
備考:
イランイランのような濃厚な精油には
まさに、、『香油スタイル』て活用がおすすめ。
香油スタイルとは簡単にいうと高濃度の香水のようなブレンドオイルをつくるということ。
私の場合は5mlの遮光瓶を用意してそこに4mlのホホバ油を入れ濃度、
20滴くらいの精油を入れいます。
そうしますと、なんと20%濃度の香水のようなブレンドオイルが出来上がります。
これをさらに、色々なケアに活用します。

<作り方>

①5mlに遮光瓶のホホバ油を4mlはかり、瓶に入れます。

 
②レシピの精油を全て加えます。
 

まずはイランイランを加えます。

 

香りのバランスを整えるローズウッドは、イランイランと相性が抜群。
さらにスキンケア効果もアップして、女性らしらを表現するにはぴったりの組み合わせ。
 

イランイランの香りを引き立てるクラリセージ。

③瓶の蓋を閉めて、よく混ぜ合わせます。

 
仕上がりは5ミリ。香水のように濃厚なオイルが出来上がります。
 

_________________________________

 
 
 
<使い方>
 
①携帯して、香水のように手首や耳の裏につけたり、毛先に付ける。
②無香料シャンプーに一回ごとに数滴入れてシャンプーに香りをつける
③精油を入れていないクレーパックのペーストに5.6滴入れてる。
④ハンド&にネイルオイルとして、こまめに指先に付けてる。
⑤目尻や口周り(ほうれい線周辺)などに部分集中ケアの導入美容液として使用する

 
 
 
 
 
5mlという少量で作って数日で完全に使い切りましょう。
 
 
濃厚で特徴的な香りは、
強烈な効果を実感できる分、
次の日突然、あまり欲さなくなった・・
といことが起こりやすいので
少量づつつくるのがおすすめです。
 
 
 
 
 
作り方もとっても簡単なので
 
お気に入りの香りで、
 
オリジナルの高濃度ブレンドオイルを作ってみてください。
 
 
 
今日もありがとうございました。

 
 
 
 
全国の認定教室でセミナーや資格講座が開催されています。お問い合わせは↑こちらから。
 
 
↑体験講座・スクールお問い合わせはこちらへ
 
 
カテゴリー : 

シンガポールの画期的な幼児教育とアロマ事情

 
息子のスクールへ行き教室の入り口付近で、びっくり!!
なんと、我が家同様、
シトラスハーバルな香り
プンプンと漂っているのです。。
最初は運動会なので、誰か意識の高いお母さんが
アロマの虫除けか日焼け止めを使っているのかな・・
と思っていたのですが、
そんな感じでもないので先生に尋ねてみると、
 
『あらー、わかってくれたあ〜〜
   お教室でアロマを焚いているのよ!
 今週から導入されたニューアイテムで、
全教室に一斉に設置されたのよー。
 子供達の風邪の予防にもなるし、
リラックスと  か想像力アップとか、
    色々な良い効果があるのよ〜〜〜〜』
 
 
と。。弾丸のように延々とアロマのメリットの説明を受ける私。。
 
 
 
この先生の熱心な説明からも、
ただ、なんとく導入されたのではなく、
子供へのアロマの効果を踏まえて導入してるのだな、、
と感じました。
 
 
 
 
お教室内の写真をとってはいけないので、
残念ながらディフューザーを置いているところは撮せなかったのですが、、
 
 
何が言いたいかと言いますと、
今やシンガポールでも、
(いやシンガポールだからかもしれませんが・・)
 
プリスクール・幼稚園で
アロマが導入される時代になったんだ・・
 
ということ。。
 
 
これってとっても画期的なことで
日本でもすでに、香りを導入されている幼稚園もあるかと思いますが、
エントランスだけとか、共有部分だけというのがほとんどだと思うのですね。
 
 
 
全教室に設置、、というのは
 
かなり画期的なことだと思います。

 
 
私としては先を越され感もあるのですが(笑)
 
 
まずは、アロマが幅広く認知されていくことはとても嬉しいですし、
特に幼児期に臭覚をはじめ、
 
五感を高めるメリット
 
は計り知れないので、
シンガポールはもちろん日本でも、
どんどん広まって欲しいな〜〜
 
 
いや、広めよう!!
 
 
と思いました。
 
 
 
 
ということで、
 
シンガポールの幼児教育とアロマ事情
 
でした。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー : 

MYTHΘS認定教室のご紹介

MYTHΘS認定教室のご案内をさせていただきます。
 
 
各認定教室それぞれの、
HPやブログ・Facebookにて資格講座・セミナー日程等が
定期・不定期に告知されていますので、
日程や詳細は、下記リンクより直接ご連絡いただくか、
MYTHΘS SALONのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
 
(只今、MYTHΘS SALONの公式サイトでもお近くの認定教室をお探しいただけるように
準備しておりますので、こちらは少々お待ちくださいませ。)
 
 
 
 
資格講座の他、お教室ごとに様々な1DAYセミナーが開催されております。
認定教室はマンツーマンから少人数で開催されている授業が多いので
ゆっくりじっく学びたい方にオススメです。
 
 
 
 
気になるお教室をぜひチェックしてみてください。
 
 

25年前から自社で輸入している

メディカルグレードの精油、ハイドロゾル、基材を使用した
実践的なフランス式アロマテラピーを教えています。
 
 
 
 
南青山のMYTHΘS SALONの他、全国の
MYTHΘS認定教室での開講コース
 
 
⭐︎MYTHΘS アロマテラピーアドバイザーコース
⭐︎MYTHΘSフランス式アロマテラピープランナーコース
 
⭐︎MYTHΘS フランス式ハイドロセラピー
      アドバイザーコース
⭐︎MYTHΘS フランス式ハイドロセラピストコース
 
⭐︎MYTHΘS フランス式マタニティ・ベビー・
     キッズアロマテラピーコース
 
⭐︎MYTHΘSアロマトリートメントホームケアコース
⭐︎MYTHΘS アロマトリートメントプロフェッショナル
      トリートメントコース
 
 
※教室により開講されているコースは異なりますのでお問い合わせください。
 
 
 
 
<東京・横浜>
 
 
(東京)
 
②en famille    (横浜)
 
 
③lumirelle    (東京)
 
 
④Seed Sunday (東京)
 
 
⑤エクラサロン (千葉)
 
 
 
 
 
 
<神戸>
 
⑥ フレッシェ    (神戸)
 
 
 
 
 
 
<九州>
 
⑦Iris♡aroma山田あき  (福岡・大阪)
 
 
⑧L'odeur de la mer  (北九州・福岡)
 
 
⑨Le bonheur de la  (福岡・熊本)
 
 
 
 
 
<石川>
 
 
 
 
 
お教室の詳しいご紹介はまたこちらのブログで
各お教室ごとにさせていただきます!
 
 
それでは、本部サロン共々、
宜しくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
体験講座・スクールお問い合わせはこちらへ↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー : 

心地よい、、を大切にすると。。

最近、私が、頻繁に使用してる
いわゆる、マイブームの精油をご紹介します。
 
 
それは、、、
なんと、、
 
 
イランイラン
 
イランイランをここまで無性に欲するのは数年ぶりか、、
子育てに集中しすぎて、女性であるということを忘れかけていたのかも〜
 
 
 
 
ここ数週間まえから、
このなんとも言えないイランイランの
 
甘く、濃厚で、官能的な香り
 
が脳に沁み渡るといいますか、
特に寝る前に使うと本当に心地よい眠りつけるので
 
 
アロマバスやヘアスプレー・
トリートメントオイル・香水etc
 
 
と、スキンケア以外のあるとあらゆるものに使用しています。
 
 
ブログをご覧いただいている方はご存知の通り、
前回までの記事で散々、
ティートリー絶賛記事を書いていたように、
 
 
ここ数ヶ月、
スキンケアシリーズは全て
 
高濃度のティートリーブレンドの
男性的なスッキリ・サッパリとした
グリーンハーバルな香り
 
を愛用していたものですから、
おそらくその反動ではないかなと思います。
(いや確実にその反動です。)
 
 
 
何が言いたいかと言いますと、
アロマテラピーというものは
 
その時、その時の自分の体調や心、
ホルモンバランスの移ろいとともに
求める香り(=その時無性に欲する香り)が、
一定期間で変化していく
 
のですね。
 
 
 
 
ある時は、
 
なんか鼻につくな・・
 
と感じる香りでも、その数ヶ月には
 
無性に心地よく欲してしまう・・
 
というように
それはそれは、
 
香りの好み(正しくは天然精油の好み)
 
は、コロコロと変わるものなんです。
 
 
 
 
 
ですから、香りはとにかく素直に
 
今、どう感じるか
 
で選ぶ、、
ということも大切なことなのです。
 
 
 
 
 
心地よい・心地よくない
 
を五感ですっと感じ取ることができれば
 
その時の自分の身体にベストなもの
 
を簡単に選ぶことができます。
 
 
 
 
なので、数種類の香りの中から
 
心地よい・心地よくない
 
と、素直に感じ取っていくプロセスには
とても興味深いものがあります。
 
 
 
 
これを日常的に繰り返していくと
 
五感が研ぎ澄まされ、
直感力を磨いてくれる
 
というわけです。
 
 
 
 
 
物事が思ったように進まなかったり、
 
頭で考えて悩むことが多くなってしまう、、
 
ような時は
ぜひ、このプロセスを体験してみてください。
 
 
 
 
 
それだけで、
思いもよらない効果を感じることができると思います。
 
 
 
とはいうものの、
精油をすぐにたくさん揃えるのは
ちょっとハードルがあると思いますので、
 
 
 
 
その時は、
ちょっと気なるアロマレッスンなどに参加してみてください。
 
 
 
 
もちろん
MYTHΘS SALONでも不定期ですが開催していますし、
卒業生のサロンでも
色々なレッスンが開催されています。
 
 
お近くのサロンがあればぜひ足を運んでみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
体験レッスン・スケジュールのお問い合わせはこちら↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー : 

アリ(蟻)の退治にかかせない成分*オイゲノール

シンガポール生活で欠かせない虫除けとして
『アロマ蟻除け対策』をご紹介します。
 
 
 
 
蟻は、どこかの家で駆除すると他の家に移動するだけ・・
とよく言われているのですが、
確かに、定期的に集団移動してきている感じがします。
 
つまり、我が家が蟻退治をすると、
我が家にいた蟻たちは、別の部屋へと移動する、、
みたいなことのようです。
 
なんだかご近所様との蟻の擦り合いのようで心苦しいのですが、
それでも、我が家が蟻の溜まり場になっても困るので、
定期的に『蟻除け』を実施しています。
 
 
シンガポールでも日本の『アリメツ』などを使う方が多いそうなのですが、
我が家では、死滅させるというより、
アロマの昆虫忌避作用を利用した蟻を寄せ付けないという方法を選択。。
 
 
これでも十分効果があり、
定期的に行っていると
蟻の発生はかなり少なくなります。
 
 
私は、色々試してみた結果、
いくつかある蟻忌避作用のある成分の中で
一番効果を感じられたのは、
クローブに大量に含有されている
 
 
オイゲノール
 
 
これは、蟻だけなく、
クローゼットなど発見する小さい虫などにも効果を実感しましたので、
私は定期的に利用してしています。
 
 
 
 
ということで、
蟻よけスプレーのレシピはこちらです↓
 
__________________________________
 
<蟻よけスプレー>
 
クローブ  40滴
シダーウッド 20滴
ローレル  10滴
プチグレン 10滴
エタノール 20ml
 
備考:
精油を色々お持ちの場合は、
上記のように香りのことも考慮しながら数種類ブレンドしてみてください。
 
蟻や虫除けのために精油を新たに購入する場合は、
クローブとシダーウッドがあればで十分です。
 
その場合は、
エタノール20mlクローブ50滴とシダーウッド30滴のレシピで試して見てください。
 
 
 
<作り方>
 
①30mlのスプレーボトルにエタノールを20ml入れます。
 
 
 
 
 
 
②全ての精油を入れ、蓋を閉めてよく振ります。
 
__________________________________
 
 
 
<使い方>
 
壁の隙間など蟻が侵入しそうなところに吹き付けます。
作り置きせず、1回作ったら、部屋の色々なところへスプレーして使い切りましょう。
(上記のレシピで使い切れそうにない場合は、半量で作ってください。)
 

キッチンの排水口などにもしっかりスプレー

 
 
 
 
注)希釈濃度は20%とかなり濃いスプレーになっていますので、
くれぐれも、皮膚への塗布などしないよう気をつけてご使用ください。
あくまでの、壁隙間などの蟻の侵入が予測される箇所へ局所的に使用してください。
 
 
 
 
 
 
上記の蟻よけスプレーを定期的に
 
スプレーすることで、蟻の発生は確実に減りました。
 
 
 
 
アロマの虫除けを実践した方々のお話でよく聞くのは、
 
一瞬効果があったけれど、
1日でまだ発生した・・
 
ということ。
つまり効果に持続性がなかったいわれるのですね。
 
 
これは、多くの場合、
作ったスプレーの濃度が低い場合が多いようです。
 
 
上記のレシピ(約20%濃度です)を参照に、
一定の高濃度のスプレーでチャレンジして見てください。
 
 
日本のマンションなどでは、もう蟻が家に侵入・・
ということも少ないかもしれませんが、
蟻だけなく、よく鉢植の植物などを家に置いておくと、
発見するような小さい虫にも効果的なので、
このような虫除けにぜひ試してみてください。
 
 
 
 
カテゴリー :