TOPICS

とにかく蚊に刺されたくない方はこの一本を。

GWは家族で自然豊かな行楽地へ!
という方も多いかと思いますので
自然豊かな場所へのお出かけに必需品な精油をご紹介します!

自然が溢れる場所、、といえばつきものなのは、

やはり、、
『虫』。。。
 
危害を加えない虫なら良いのですが、
刺すものは避けたいですよね。。
刺す虫の代表といえば・・・やはり
『蚊』
 
あの忌々しい飛ぶ音といい、
刺された時のかゆみといいなんともストレスになりますよね。
 
最近は虫除けグッズなどもとっても充実していますが、
市販の虫除けの主成分(主にディートなど)に
アレルギー反応や皮膚刺激を感じる方(私です)も多いということで、
ここ数年、市販品でも天然のアロマを使用したもがとても人気があります。。
 
そんな市販品はとても手軽ではありますが、
材料させあれば、簡単に作れますし、個人的には、
そのつど、こまめに自分で手作りしたほうが虫除け効果は高い!!
と感じています。
 
虫除けは、結局、虫の嫌がる香り拡散するという点で、
香りが濃厚でフレッシュ(虫の嫌う成分の香りをしっかり拡散する)とうのが大切なので、
そのつど使い切るのがベスト。。
 
去年買った、市販品のアロマ虫除けを今年も使う。。
などはできれば避けたほうがいいかなと思います。
(精油は揮発性が高いので、1年経つともはや虫を回避する力が薄れていると思われます。。)

ということで、、、
ぜひこの夏は、この精油を1本揃えて手作り虫除けスプレーにチャレンジしてみてください!

『ユーカリシトリオドラ(レモンユーカリ)』

 

虫除けアロマというと色々な精油が紹介されていますが、

とにかく、蚊除けをしたい方は、、
 
蚊が最も嫌いとされる成分・シトロネラールが、
なんと80パーセン前後含有されていて、
さらに昆虫忌避作用のあるシトロネロールも10パーセント前後含有させれいますので
ほぼ9割型、虫が嫌がる香りの成分で構成されている精油なんですね。
 
特に蚊除けには、
このシトロネラールという成分の含有率が高ければ高いほど効果的ですので、
正直な私は、蚊除けには、
シンプルに、このユーカリシトリオドラだけのスプレーでいいかな・・と思っています。
 
ただ、香りが単調になるので、少し精神効果なども考慮に入れると、
贅沢ですがメリッサなどを加えてもいいかなと思います。(あればでいいですよ。。)
 
それでは、レシピをご紹介します。
 
_______________________________
⭐︎アロマ虫(蚊)除けスプレー⭐︎

<レシピ>(出来上がり30ml)

(少なめに作って外出ごとに使い切るのがおすすめです。)

精製水 27ml
エタノール 3ml
ユーカリシトリオドラ  12滴


これでは物足りたいないという方はこちららのレシピ↓
 
ユーカリシトリオドラ 8滴
真正ラベンダー    3滴
メリッサ       1滴
(合計で精油は12滴入れます)
 

出来上がったら蚊のシールを貼って、一目で虫除けとわかるように。。

 
<作り方>
①30mlのスプレーボトルにエタノールを3ml入れます。
②レシピの精油を合計12滴加えます。
③最後に精製水を加え、蓋をしてよく混ぜ合わせます。

<使い方>
外出前、外出中に、手足、洋服、全身にスプレーします。

_______________________________
 
☆注意点☆
ユーカリシトリドラの唯一の難点は少し皮膚刺があること。。
上記のスプレーは希釈しているので大丈夫かとは思いますが、
もし、皮膚に刺激を感じるようであれば、
ユーカリシトリドラの量を半量するか、
直接肌につけるのではなく、お洋服などにスプレーしてください。
とにかく、虫(蚊)は、この香りを嫌うので、
身の回りにこの成分をしっかり拡散させておくことがポイントです。

このアロマ蚊除けスプレー、
特に小さいなお子様との外出にはぜひ活用してみてください!
 
私は、息子がベビーの頃、
市販の虫除けシートなども好奇心で色々試してみたのですが、
(今思えばアロマやってるのになぜ?とい感じなのですが笑)
結果、このユーカリシトリドラスプレーが一番効果的・・と実感(確信)しています。
また、今まで天然アロマの虫除けスプレーで効果を思ったど実感できなかった・・
というお声も聞きのですが、
その場合はよくよくお伺いするとレシピに問題がある
(蚊除け効果の成分が十分でなかったなど・・)場合がほとんどでした。
 
ですから、、そんな方はぜひ上記のレシピで
手作り虫除けスプレーをリベンジしてみてください!!

 

 

 

 

5月 03 ,2018