TOPICS

ダニ大国東南アジアで効果実感・アロマでダニ避けにはこの2本!!

初夏を迎え心地の良い気候となりましたが、

初夏の次は梅雨ですね。

 

 

雨の日が続くと、もちろん湿度も高くなり
こういった日が続くと頭によぎるのが
『ダニの大量発生・・』

 

 

 

シンガポール生活では、

あらゆる虫対策はほんとうに必須です。。

 
 
こちらに引っ越して来てから初めて日本に帰国し、
数週間家を留守にしていた時のこと、

この留守期間にダニが大量発生し、
シンガポールに戻ってから寝ている間にダニに噛まれた経験が完全にトラウマになり、
今でもたまに『私ダニノイローゼ??』と思うほど、
ちょっと痒みを感じただけで敏感に。
 
 
 
 
その後、、
色々な専門家のアドバイスなどをもとに、定期的な駆除を徹底。
 
 
日々の対策としては、
アロマで快適なダニ避けを欠かさず実践
 
これでかなり、完璧に近いダニ対策ができている自負があります。
(基本、知識を詰め込み納得するまで実践したいオタク気質故に、今ではプチダニ専門家である私。。)
 
 
 
ということで、、、
本日は、昨日に引き続き
”虫シリーズ”
になりますが、、
ダニ対策に効果的な精油をご紹介します。
 
 

一言で虫除けといっても、
どんな虫を回避したかによって効果的な成分が違います

 
なので、もちろん選ぶ精油も違うのですね。
 
 
ダニの場合は、代表的なダニ忌避効果のある成分というと、
シトロネロール、シトラール、リナロール、シトロネラール、ゲラニオール
などがあり、
蚊除けに比べて、効果のある成分がいくつかあるので、
必然的に選択できる精油も多くなります。
 
 
 
これらの成分が、
単体、もしくは複数で60〜70%以上含有されていれば
十分な効果を期待できるわけです。
 
 
 
そのような含有成分の条件と、
私がこの1年毎日色々試した結果との両面から選んでいきますと
おすすめはこちらの2種類 ↓

 
 
『ゼラニウムとシトロネラ』
 



ゼラニウムは、

シトロネロール、リナロール、ゲラニオールを合わせて約70%に。
シトロネラは、
シトロネラール、シトロネロール、ゲラニオール、シトラール(微量)リナロール(微量)を合わせて、
約60%となりますので成分面から見たダニ忌避効果は十分です。
 
 
 
私は、この2種以外にも、色々試して見たのですが、
やはり、ダニ退治は主に寝具や子供のぬいぐるみなどに使うということもあり、
皮膚刺激が少ないことと睡眠を妨げないこと、、
この2点を考慮すると、この2本という結論に達しました。。
 

使い方としましては昨日の記事のレシピのようにスプレーにしても良いですし、
精油をそのままベッドのマットレスに垂らしても大丈夫です。

 
 
私は個人的にスプレーにするとさらに寝具が湿気てしまいそうなので、
ベッドマットに直接精油を垂らすか、キッチンペーパーに精油を染み込ませて、
まさにダニよけシートのような状態にして、それをマットとシーツの間に挟んでいます。
 
こんな感じです。↓
直接マットに垂らしたり(写真は子供のベッドです。)
キッチンペーパーを四つ折りにして、精油を垂らす。

ベッドマットに敷き、シーツをかける。

ベットマットの上に手作りダニ避けシートを

置き、乾燥機の高熱で死滅させた清潔なシーツを敷くようにしています。

私はこれを雨季の時期には3日に一回ほどしているのですが、本当に快適で安眠です。
(日本では1週間に一回くらいでも大丈夫のような気がします。このあたりの頻度などは、皆さまそれぞぞれの環境の中で調整してください。)

 
そして、さらに他に、
この2本ほどではありませんが、
ダニよけ効果もあり、香りの面でもブレンドして使うとバランスが良く心地よくなる精油として、
真正ラベンダー・ローズウッドなどもおすすめです。
 
 
私は、これらをその時々に取り入れて香りをアレンジしています。
ダニ対策ももちろん、精油には殺ダニ効果はありませんので、
『ダニの嫌いな香りで寄せ付けない』という対策なのですが、
これは、特にツメダニのような咬むダニの対策としてはとても効果的と感じました。
 
 
少なくとも、寝具に関しては、死滅させることはできなくても、
寝ている間に咬まれることは回避できるので
これはかなり私も子供も効果を実感できました。
 
 
もちろん家庭のダニ対策に関しては、ダニそのもの撃退、忌避だけなく、
ダニアレルゲンであるダニの死骸や糞などの小まめなケアも同時にとっても大切。
(こちらに関してはまた改めてご紹介したいと思います。)
とはいえ、ダニをとにかく寄せ付けない・・
だけもだいぶ違います。
 
 
天然アロマのダニよけであれば、小さなお子様やペットにも安全ですし、
ダニよけをしながら、
安眠につながるという一石二鳥
でもあるので、ぜひ、日本でもダニの大量発生の条件の揃う梅雨時期に実践してみてください。
蒸し暑さによる寝苦しさも回避でますよ。

 
 
ダニ・ダニと読んんでいるだけで痒くなりそうですが・・
ぜひ、ダニ問題な悩む方がいましたら
参考にしてください。
 
 
 
 
 
 
5月 04 ,2018